鉄景点描

まったり、のんびり。

one more time

日本三大霊山の一つとして名高い岩船山。
独特のシルエットは、確かに浮世離れした雰囲気を醸し出していました。
115系6B@岩船~大平下
そんな山の姿を背景に、雲一つない青空の下、かつて都市と街との大動脈を支えた南瓜色の列車が走ります。
通勤・通学の時間帯を過ぎ、どことなく落ち着いた雰囲気の車内には、ゆるやかな時間が流れているように見えました。

今度は乗りに行こう。会う事も叶わなくなるその前に、もう一度。

2016.3.22 両毛線 岩舟~大平下

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/03/23(水) 22:58:58|
  2. 鉄道
  3. | コメント:0

邂逅

かつて、昼夜を問わず、日本を駆け巡る人々を支えた2つの顔。
今から6年前の今日の早朝まで、都心の終着駅で毎日顔を合わせていました。
能登&北陸@上野

鉄道の役割が変わった今、彼らは既に過去のものとなってしまいました。
「ブルートレイン」や「夜行急行」といった存在そのものが人々の日常から消えていく昨今ですが、
せめて思い出の片隅では、あの格好良い姿のまま走り続けて欲しいな、と思います。

2009.11.3 上野駅

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/03/14(月) 13:39:32|
  2. 鉄道
  3. | コメント:0

Remember 3.11

5年前、時が止まった場所があります。
何もかもが流され、思い出すら奪われた日。決して忘れることの出来ない、その日。

私自身も、被災した鉄路の様子を目の当たりにした時、こみ上げるものを押さえることが出来ませんでした。
あるはずの物がない、という現実。日常が一瞬で消えてしまった絶望感。例えようがありませんでした。
豊間根駅
しかし、それでも人々は立ち上がり、前を向いて歩こうとしています。
ゆっくりと、また動き始めた時間が、人々の傷を癒やしていくことを願わずにはいられません。

錆びついたレールに、一日も早く輝きが戻る事を祈って。

2015.5.1 山田線 豊間根駅(震災以降営業休止中/2016年度、三陸鉄道に移管の上再開予定)
  1. 2016/03/11(金) 21:28:12|
  2. 風景
  3. | コメント:0

青い翼、花咲く伊豆へ

河津桜のシーズン、毎年南へ飛んでくる青い翼。
有名な撮影地の梺に綺麗な花を咲かせた白梅があったので、絡めてみました。

583×梅
咲けば咲き 散ればおのれと散る花の ことわりにこそ 身はなりにけり

まだまだ役目の尽きない昔日の花型は、検査明けの綺麗な姿で走り抜けて行きました。
散る時が来るその日まで、元気に走ってくれる事を願って。

2016.3.5 東海道本線 早川~根府川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/03/06(日) 23:58:33|
  2. 鉄道
  3. | コメント:0

プロフィール

maruyon

Author:maruyon
鉄道中心に、風景だったりその他だったりの写真を載せていきます。更新は疎らですが、どうぞよしなに。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
その他 (4)
鉄道 (99)
風景 (1)
航空機 (9)

GPV気象予報

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR